借金苦から、貸す立場に

ひとえに借金と言っても、良いものと悪いものがあります。
良い借金とは投資、とも言い換えることができますが、悪い借金はどう転んでも借金です。
借金は何も生み出すものがありません。
お金を生み出してもそれは貸し方に渡るもので、自分は働いた分だけの貴重な時間が減ります。
今は至る所からCMが垂れ流されています。
それは本当によく出来ていて消費意欲を増大させるものです。
そしてクレジットカードも簡単に作ることができますし、カードローンもお気軽に!なんて言われるような時代ですから、借りることは簡単です。
実際やってみると感覚はATMのそれと全く変わりませんから、感覚が麻痺します。
そうしてその簡単さとCMの誘いからズルズルと借金地獄にはまっていきます。
リボ払いなんてものすごいですよ、すさまじく高い年利になっていますからね。
一度計算してみると良いと思います。
そんな経験を以前してから、今では逆に人に貸す立場になることができました。
例えば不動産がそうですよね。
そうすればお金は借金せずともお金は勝手に増えていきます。
借金を返すコツは、収入以上に支出をしない事です。
徹底的に家計簿をつける事。
入りより出が少なければ借金はどんどん減っていき、自由に使えるお金が増えますから、単純な仕組みなのです。
借金苦を経験したからこそこんな事が言えるかもしれないので、もしこれが誰かの役に立つのならあの苦しみも無駄じゃなかったかもしれません。